人気ブログランキング |

one day, one photo

photo of the airplanes, J League football players, motorsport's races and more

ブログトップ

e0401296_14285329.jpg
8月も今日で終わり。
月初の SUPER GT Rd.5 富士と、月末の松島基地航空祭は本当に楽しかった。
仕事のことは別として、例年と違って楽しめた8月だった。

ガンバ大阪の体たらくを除けば(>_<)

ガンバ大阪の神戸アウェイでの不甲斐なさを SUPER GT 富士で、
ガンバ大阪のホームゲームでの不甲斐なさの怒りを松島基地航空祭で
救ってもらったようなもんだ(´Д`)

来月は頼むよ……

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-08-31 07:00 | 富士スピードウェイ | Comments(0)

海外勢に一矢を期待

e0401296_09464175.jpg
昨日に続いて、今週末の鈴鹿 10Hours に参戦車両から、JLOC の 88号車を。
同じ JLOC の 87号車は今月の SUPER GT 富士で優勝、88号車も 5位と好調だった。
タイヤの問題でどうしても海外勢が有利な 10H だが、海外勢にに一泡吹かせて欲しいところ。

それにしてもこの写真、700mm で撮影してさらにトリミングしてるのだが、それでもこの程度。
富士スピードウェイのコカコーラ・コーナーはやはり距離があるなぁ、と改めて実感。
複数台の車ではなく1台だけだと 1,000mm 必須だねぇ。

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-08-24 07:00 | 富士スピードウェイ | Comments(0)

e0401296_09464108.jpg
今週末は鈴鹿 10Hours、去年はチケットを買っていたものの仕事で当日断念、今年は別件で最初から断念である。
ぶっちゃけ、鈴鹿 1000km の頃、特に SUPER GT 開催になってからと比べれば、行きたい度合いが低いのも事実。
鈴鹿サーキットは色々盛り上げるべく頑張って今年はミカ・ハッキネンまで手配したけれど…
レース自体が SUPER GT のエンターテインメント性に劣るのは事実だし、GT3 のレースは何度か見ていて今ひとつ自分の中で盛り上がらない。

ただ、木曜日に行われる鈴鹿10H 参戦車両の公道パレードは観たかった。
レーシングカーが公道を走る、それも何キロもパレード走行するなんて画期的である。
三重県警がよく許可したなぁ、と思う。

去年も行きたいと思っていたが、本番に行けないほど仕事も押し詰まっていたし、何より台風接近で中止に。
そして今年も仕事が…と思っていたけど、アポもない中、朝イチに家族を京都方面へ送る用事が発生。

「朝送ってから新名神飛ばせば、パレードに間に合うのでは??」
「サクッと30分のパレード走行を撮影してすぐ戻ってくれば、仕事への影響も最小限」

そう思って出かける時に機材を用意して出かけたのだが、家族を下ろして渋滞状況を見ると厳しかった。
パレード走行が始まるのは11時20分だが、周辺道路規制が始まるのは11時。
あちこち渋滞してる中、高速を飛ばしても11時に着くのは無理そうだった。
駐車場に停めてから、撮りたい撮影ポイントまで十数分歩くことになるし……

結局、高速代ガス代8千円かけて行っても撮れなかった、は辛いので、断念。
今日の写真はその代替写真として、鈴鹿サーキットでの Lotus EVORA MC。
世界から GT3 車両が集まるなか、今年も唯一、特例の JAF-GT 規定で参戦する Cars Tokai Dream 28。
去年は慣れないピレリタイヤに苦労したようだが、今年も頑張って欲しいと思う :-)

鈴鹿サーキットは一番近いサーキットだけど、それでも高速飛ばして2時間。
もっと近ければなぁ…それこそ年パス買うのに。

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


by dblh | 2019-08-23 07:00 | 鈴鹿サーキット | Comments(0)

陽炎の彼方から

e0401296_23515566.jpg
富士スピードウェイ第1コーナー(TGRコーナー)からコカコーラ・コーナーへ駆け下る短いストレート。
中継ではよく見る映像であり、一度写真に収めてみたいと思ってみたものの、なんかイメージとは違う。
700mm では圧縮効果が足りなかったか。
それ以前に、真夏のド昼間スタート直後では陽炎が激しすぎて、やはりロングショットは無謀だった(>_<)

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-08-14 07:00 | 富士スピードウェイ | Comments(0)

e0401296_15320319.jpg
夕暮れ時、陰になるプリウスコーナーもといGRスープラコーナーの進入側を二重フェンス越しに。
狙いどころは別だったが、前にいるカメラマンがそのうち動いてくれると待っていたけど、流し撮りの練習をしてるっぽくて待てど暮らせど…パターン。
サーキット撮影あるある(^_^;)

思ったところで撮れず、光線の関係で二重フェンス越しはコントラスト低すぎだったのでこんな仕上げに。
嫌いではないが本意ではない。

ってか、ここがプリウスコーナーと名付けられたのは数年前なのに、その後レクサスコーナーとなり、今年からGRスープラコーナーへ。
名前変わりすぎ……

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


by dblh | 2019-08-10 07:00 | 富士スピードウェイ | Comments(0)

e0401296_15320315.jpg
ダンロップコーナー立ち上がりの土手に並ぶアマチュア・カメラマンの砲列
二重になった彼らの向こうをカルソニックの青い GT-R が駆け抜けていく。
13コーナーから何となく撮ってみた一枚だが、もうちょっと腰を据えて撮ればよかったと思っても後の祭り(>_<)

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


by dblh | 2019-08-09 07:00 | 富士スピードウェイ | Comments(0)

e0401296_15320257.jpg
500マイルの長距離レース SUPER GT Rd.5 富士は、トップハンデの 6号車 Lexus Team LeMans WAKO'S が優勝、前戦タイに続く、まさかの2連勝だった。
勝てば/上位にくればハンデが重くなる SUPER GT で2連勝というのは、シーズン中盤では滅多にない。

ただ、今回の優勝はセーフティーカーが入るタイミングと6号車のピットタイミングが、他車に比べて圧倒的に有利だったことが物議を醸しだしている。
もちろん、トップハンデで予選は下位に沈んでも本番ではじりじりと上位へ追い上げて、長距離戦で途中脱落しない車の良さやピットクルーの作業の賜物でもある。
が、セーフティーカーとピットへ入るタイミング次第で、結果的にそれだけで1周近いリードができてしまうのは、やっている方も見ている方もなんだかなー、である。
6号車を応援している私ですら、そう思うのだから……

レース後のトークショーで平手選手も言っていたように、やはり海外と同じくセーフティーカーではなく、バーチャルセーフティーカー(VSC)やフルコースイエロー(FCY)を導入すべきだろう。
このセーフティーカーとピットタイミングによる有利不利は過去に何度も起きているのに、改善しようという具体的な動きが出ないのが不思議。
そもそも SUPER GT はハンデや複数ドライバー制も含めて、極めてエンターテインメント色の強いレース。
ならば、一発で勝負が決まって白けるようなルールは早く改善されるべきじゃないかと、本当に思う。
SUPER GT の良さを消すルールにしてまで DTM と交流戦をするより、そっちが優先じゃないのかねぇ。

(D5 + AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR)


by dblh | 2019-08-08 07:00 | 富士スピードウェイ | Comments(0)

e0401296_11191772.jpg

今季 SUPER GT 車両のカラーリングで話題になっていた一台、MOTUL MUGEN NSX-GT。
フロント部分のデザインが「くまモン」っぽいということで、やっと実物をみることができた。
ただ、個人的には、うーん…と悩むレベル。
それっぽいカラーリングと言われるのは判らなくはないんだけどね。

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


by dblh | 2019-06-08 07:00 | 鈴鹿サーキット | Comments(0)

派手になりましたね

e0401296_11131819.jpg
各車バラエティに富んだカラーリングはフォーミュラにない、市販車ベースのレースならではの楽しみ。
同じ参戦チームの車両でも年によって変わることは珍しくなく、特にメインスポンサーが変われば一新される。
テレビ観戦だと GT500 車両と GT300 の上位チームがメインで、今回鈴鹿へ行って初めて目にしたデザインも多かった。

その中で一番ビックリしたのが、Pacific Racing のポルシェ。
従来のシンプルなカラーリングから全面アニメキャラで、「どうなったの?」と驚嘆。
調べれば、バーチャル Youtuber の MIRAI AKARI とコラボしているということで、チーム名も「PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE」になってた。
こういうのは割と歓迎だけれども、イメージになくてびっくりしたなぁ。

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


by dblh | 2019-06-03 07:00 | 鈴鹿サーキット | Comments(0)

e0401296_09131835.jpg
昔の経験から、レースクイーン (RQ) のおねーさんを見ると、大変だなぁ…と思いが先にきてしまうので、誰かのファンだったり、写真を撮ったりすることはない。
のだが、この日は ZENT チーム推しの友人と一緒で、チームのレースクイーンである ZENT sweeties のステージを一緒に観た。
(友人の推しが誰なのかはよく判らない)

後ろの方で眺めるだけであったが、暇だったのでゴーヨンを出して数枚撮ってると、遠くの私へ目線をくれる RQ さんがいた。
サーキットでは珍しくも何ともないが、RQステージでは後方でもゴーヨンが目立ちすぎたのだろうか(^_^;)
あとから調べてみると、澤田実架さんという新人 RQ さんであった。
新人だけに、先輩方と違って馴染みのファンが少ない分だけ、遠くまで目線をくれたのかもしれない。
あと数日しか期間がないけれど、目線をくれた御礼にレースクイーン大賞の投票でもしておこうか。

なかなか可愛い方で、名前を調べに観に行った今年の ZENT sweeties のメンバーの中では一番の好みかもしれない。
そう思うと、前で腕を挙げているのが邪魔すぎて、もうちょっとしっかり撮れば良かった…なんて思ったり。

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


by dblh | 2019-06-02 07:00 | 鈴鹿サーキット | Comments(0)