人気ブログランキング |

one day, one photo

photo of the airplanes, J League football players, motorsport's races and more

ブログトップ

背中が撮れれば満足なのか問題_e0401296_19260569.jpg
以前から薄々思っていたが、今年の小松基地航空祭あたりから明確に感じて、自分に突き付けられた命題。
「飛行機を撮るのに、背中さえ撮れれば満足なのか?」

特に航空祭などファイター相手の時に、アホの一つ覚えで背中狙ってるだけで良いのか。
時にはパカ(ブレイク)を狙って、外したら悔しく、上手く撮れれば万事OK。
それが楽しくないわけではないけれど、いつも同じモノを撮ってる感は否めない。
そして SNS には大量に同じ写真が流れてきて、自分もその一人になる。

それなりの機材を持ってしまっているのに、そんな流れ作業みたいなことで良いのか?と自問自答せざるを得ない。
今年の松島基地航空祭のように初めてで純粋に楽しむだけの航空祭ならともかく、複数回通っている航空祭や空港で、果たしてそれで良いのか?

逆に言えば、そんなワンパターンな撮り方をしていない撮影者のセンスと技量には敬服する。

2020年、この命題、課題を超えられる一歩が踏み出せるのか判らないけれど、できるだけ失敗を恐れずに行こうと思う。
その思いが、できるだけ続くことを自分に期待したい。

(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


by dblh | 2019-12-31 07:00 | 百里基地/茨城空港 | Comments(0)

遠くイーグルの着陸

遠くイーグルの着陸_e0401296_21001101.jpg
今年初めにガンバ大阪沖縄キャンプ見学へ行った際、立ち寄った瀬長島からのひとコマ。
RWY18 だったから着陸は滑走路の反対側、旅客機じゃない戦闘機なんて豆粒。
なのだけど、なんか意外と悪くないと思った記憶。
3km以上も向こうなのに、強風が吹いていたせいか陽炎の影響が最小限だったし、やはり背景が海というのは強み。

飛んでいる戦闘機を撮るのは好きだけど、なんかもう背中撮るだけの撮影はつまらなくなってしまった。
かと言って止まってる飛行機、地上を転がっている飛行機にはさして興味もない。
戦闘機も風景の中の点描として捕らえる方向で行けたらいいなぁ、なんて思ったり。

(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-12-23 07:00 | 那覇空港/那覇基地 | Comments(0)

クリスマスツリー・ローパス_e0401296_22465361.jpg
ブルーインパルスが12月に展示飛行する時だけ行われる課目、クリスマスツリー・ローパス。
クリスマスツリー🎄の形を模した隊形で、飾りっぽくライトを付けてフライトする。
今年の百里基地航空祭本番はちょうど12月に入ったところだったので、この課目を見ることができた。
いつもはオーラスに行われていたと思うのだけど、この日は半ばより前に挟み込まれていた。
最近見てなかったから判らないが、変わったのだろうか?
築城でも新田原でも飛ぶから、あと数回、青空の下で見て確認できるわ、と思っていたら、両方行けなくなって今年はこれが最後だった……

(D5 + AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR)


by dblh | 2019-12-16 07:00 | 百里基地/茨城空港 | Comments(0)

南側の記憶

南側の記憶_e0401296_14084003.jpg
南側の記憶_e0401296_13584436.jpg
今年の新田原基地航空祭のプログラムや交通規制が発表された時、ヲタに衝撃が走った基地南側の畑エリアへの立ち入り規制。
撮影をメインとする人にとって、新田原基地といえば滑走路側フェンスに沿った畑エリア、と言ってもいいくらいの場所。
このエリアが航空祭前日から車だけでなく人も立ち入り規制されることになった。
その場所は私有地であり、持ち主の生活がかかった田畑であるから、無視できない危害があれば、そうなるのは止むを得ないだろう。

そう思っていたのだが、航空祭前日の状況を遠くから SNS 越しに見ていると、そう単純な話でもなかったような?
現地へ行けなかったから把握しきれないけれど、ダメならダメで徹底して欲しいものやねえ。

(EOS 7D Mark II + EF300mm F2.8L IS II USM + Extender EFx1.4 III)


by dblh | 2019-12-15 07:00 | 新田原基地 | Comments(0)

断念、残念、そして4年前_e0401296_13470632.jpg
4年ぶりに行くはずだった新田原基地エアフェスタは、諸事情により、まさかの直前キャンセルの羽目に。
仕方ない事情であるが、さすがに今年の航空祭ラストの新田原へは問題なく行けると思っていたんだけどなぁ。

最後に新田原基地へ行ったのは、アグレッサー部隊が小松へ移転する前、最後の航空祭。
金曜土曜と良い天気だったけれど、本番の日曜日は雨模様。
南国とはいえ、12月の雨降りの中は暗く寒く、バーナーの炎だけが綺麗だった。

(EOS 7D Mark II + EF300mm F2.8L IS II USM + Extender EFx1.4 III)


by dblh | 2019-12-14 07:00 | 新田原基地 | Comments(0)

タッククロス

タッククロス_e0401296_21554319.jpg
ガンバ大阪の試合があって行けなかった前日予行が絶好の晴天で、日帰りで行った本番は曇り、という昨年と同じパターン。
おまけに午前中はかなり hazy な空で、ブルーインパルスの展示飛行も写真的にはなかなか厳しい結果に。
目の前を背面通過する2機を撮った写真ですら、現像時にかなりコントラスト増し増しである。

にしても、久しぶりにショーセンター近くでタッククロスを撮ったせいか、手前側の5番機じゃなく奥側6番機を追ってしまっていたことに撮ってから気づく始末。
オポジットコンティニュアスロールでは右手から手前側5番機、左手から奥側6番機で、その時も6番機追ってしまって、タッククロスの時は右手から…と思ったら逆だった。
完全に失念していて失敗(^_^;)

(D5 + AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR)


by dblh | 2019-12-09 07:00 | 百里基地/茨城空港 | Comments(0)

リベンジ返り討ち倍返し

リベンジ返り討ち倍返し_e0401296_23240260.jpg
去年、一番の見どころだった AGG で機材選択ミスって散々な結果になり、後悔だけが残った百里基地航空祭。
今年はガンバ大阪のホーム最終戦の週末だったので行けない…つもりだったが、日帰りで行くことに。
神戸からスカイマークで乗り込んで基地まで1時間以上歩いても午前最後のブルーインパルスや午後の AGG には間に合うプログラムだったので、大枚叩いて乗り込んでみた。

結果、去年のリベンジどころか倍返しで返り討ちに遭ったレベルで惨敗。
ぶっちゃけ撮った写真を全部捨てても良いレベル。

去年は前日がガンバ大阪の柏アウェイ観戦のため予行を全く見ずにいきなり本番で、AGG の時に 500mm で十分だったのに、始まってすぐに 750mm に切り替え、近すぎてフレーミングできず追いきれず惨敗。
今年も予行見ずに本番だけで、今度は 500mm で待ち構えてるもメッチャ遠くて、立ち位置も外して豆粒惨敗。

去年以上に外して今年は後悔すら残らないレベル。
ファントム送別会を観に行ったと思えば十分、と言いたいところだけど、そんなこともなく(>_<)

(D5 + AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR)


by dblh | 2019-12-08 07:00 | 百里基地/茨城空港 | Comments(0)

パカは遠くなりにけり

パカは遠くなりにけり_e0401296_09295512.jpg
パカは遠くなりにけり_e0401296_09295460.jpg
今年の岐阜基地航空祭のフライトは例年と比べると結構変化のあった年だった。
飛行試験展示なんてのも初めてだったし、着陸に向けたオーバーヘッドアプローチのブレイク形態も過去にないやり方だった。
TAC デパーチャーの上がりブレイク位置も今年はどれも随分エンド方向で、博物館周辺からは厳しい結果になった。

総合予行時にそのことが判明して、本番時には「機動飛行捨ててブレイク一発狙いにするか?」と悩んだ。
悩んだのだけど、結局いつもの機動飛行を、いつもの場所で撮ってしまった。
後悔というわけではないが、易きに流れてしまったのは確か。
それゆえに撮影結果を見てテンションが上がることもなく、写真整理現像は放置されてしまう。

そもそも、ファイターの背中を撮るばかり、というワンパターンな自分に少し飽いてきた。
来年以降、何度も足を運んでいる航空祭では過去の踏襲をしない方向にしなければ、と思う。

というか、遠征は航空祭最優先という状況を止めようと思う昨今。
民間機撮影の空港遠征をしなくなって久しいし、ガンバ大阪のアウェイ遠征も少なくなってしまっている。
限りある懐だから、今後はもっとバランスを取っていきたいと考える秋だった。

(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR / D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-11-30 07:00 | 岐阜基地 | Comments(0)

2本の影

2本の影_e0401296_19101612.jpg
2本の影_e0401296_20423178.jpg

機動飛行中のイーグルの背中に、尾翼の影が2本、落ちる。
なんとなく、この影落ちるシーンが、いつも好き。

この日は撮影ポイントまでの行き来に長時間歩くことを想定して、カメラボディ1台+レンズ1本の軽量体制で行った。
単純に軽量化だけでなく、ゴーヨン1本だけならカメラバックを細長い thinktankphoto「Glass Rimo」にできるから。
超望遠レンズを背負う場合に一般的な Airport Accelarator や Commutor より細身の分だけ重心が安定して、非常に背負いやすく、疲れにくい、愛用のカメラバックパック。

ただ、ボディを D500 で行くか、D5 にテレコンも持って行くか、は悩んだ。
500mm で撮りたい状況、750mm では長すぎる場面も想定して D5 とテレコンを持って行ったが、その甲斐はなかった。
となると、D500 を持ってくれば良かったと後悔することに。

ISO感度が上がらない天気の良い日に機動飛行を 700mm 域で撮るなら、断然 D5 + テレコンより D500。
いつも感じていることだが、今回も痛感した。
いくら絶対安心安定の D5 をもってしても、テレコンを入れると AF 速度、ロスト率は D500 に劣ってしまう。

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)



by dblh | 2019-11-17 07:00 | 岐阜基地 | Comments(0)

輝く銀の翼

輝く銀の翼_e0401296_18173171.jpg
秋の陽射しは日中でも傾き低く、背中を見せて突っ込んでくる翼を銀色に輝かせる。

午前中の立ち位置チャレンジが完膚なきまで失敗に終わり、日和って午後の大編隊はいつもの場所で撮ってしまった。
弱気になった結果、予行との違いは輝く背中の色が違うこれくらいしかなく、レンズを振り回した満足感?だけであった。
2度目の一発狙いに行けなかったことを半分後悔し、半分仕方なく思う帰り道だった。

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-11-15 07:00 | 岐阜基地 | Comments(0)