人気ブログランキング |

one day, one photo

photo of the airplanes, J League football players, motorsport's races and more

ブログトップ

派手に流れるベイパー

e0401296_18584527.jpg
カッ飛んでいく PACAF F-16 の主翼から派手に流れるベイパー。

今年は例年以上にあちこちの航空祭で飛んでいる PACAF F-16、来年以降も続いてくれると嬉しいのだが…
すっかり界隈の有名人となったパイロット、プリモ氏もデモフライトの任期は年内とか。
残すは岐阜、築城、新田原の3航空祭という話だったが、発表された岐阜のプログラムには記載なし。
築城もキャンセルという噂ツイートも流れているが、さて……??

(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-11-03 07:00 | 小松基地/小松空港 | Comments(0)

ローリングプリモ

e0401296_18584528.jpg
8月の松島基地航空祭よりも遥かに強い陽炎が厳しかった今年の小松基地航空祭。
1か月以上経ってようやく PC に取り込み、少しずつ画像をチェックすると思っていた以上のメラメラで、お手上げ。
さらに、前日の撮影で D500 + 500mm で撮っていても(松島に比べて)遠く感じたので、テレコン入れて歩留まり激下がり。
おまけに、立ち位置も悪くて、来年行く時には抜本的に撮り方を見直さなきゃ、って感じ。

この 1000mm 超の組み合わせだと PACAF F-16 のデモフライトは(私の技量では)追いきれないことが多いが、至近をロールしながら飛んでいくこのシーンはピッタリ収まった。
近い分、陽炎の影響も少なく、歩留まりが悪い中で救いのシーンだった。

(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-10-28 07:00 | 小松基地/小松空港 | Comments(0)

陽炎と電柱の彼方

e0401296_12573646.jpg
小松の写真整理が一向に進まない。
積み残し未整理放置が多い航空祭の写真の中で、小松だけは毎年整理できていたのに、今年はサッパリ。
まだ本番日の写真はパソコンに取り込んですらいない。
時間や体調の問題だけでなく、どれもこれも「ダメだったなぁ」と思う写真ばかりのせいだけれども……

小松初登場の PACAF F-16 デモフライト。
プリモ氏が操る F-16 の低さを白山連峰の山々と絡めたいと思って位置取ったが、陽炎が酷すぎて両日とも撃沈。
近づけば山背景にはならないし、遠ければ陽炎で死ねる。
普通に撮るのは松島2日間で撮りきった感があったので、少し違うイメージで、と思ったが叶わなかった、いや、敵わなかった。

(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


by dblh | 2019-10-07 07:00 | 小松基地/小松空港 | Comments(0)

遠いループの頂点

e0401296_14135290.jpg
ハイレートクライムからそのまま宙返りを魅せる PACAF F-16 デモフライト。
F-15 はもちろん、翼が大きめな F-2 と比べても小さな F-16 だけにループの頂点ともなると豆粒。
APS-C 機を使って画角 1,000mm でも、2000万画素の低画素機ではこのサイズで等倍トリミングになる。

この前日予行の時は D500 + 500mm f/4E FL + x1.4テレコンで挑んだが、AF ロストしまくり。
翌日は F-2 機動飛行などで D5 + 500mm f/4E + x1.4 と D500 + 500mm f/4E で AF を比較して後者で挑んだ。
画質的にはトリミング前提なら前者なのだが。(周辺画質が必要なら後者)

やはりテレコンを入れると、F-16 デモほどのフライトは AF の限界が試される。
けれど、小さな被写体にだけにテレコンを入れないと大きく撮れない。
もっと焦点距離の大きな大砲は金銭的にも、体力的腕力的にも無理。

毎度悩ましい。

(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-08-30 07:00 | 松島基地 | Comments(0)

基地西側防潮堤ポイント

e0401296_21434666.jpg
金曜日に行われる予定だったブルーインパルスと PACAF F-16 の予行が、天気の関係で土曜午前にスライド。
ブルーインパルス予行は大阪から早朝便に乗っても間に合わなかったが、F-16 の予行はギリギリ間に合った。
元々、前日予行はない予定だったので、基地外の撮影ポイントは全く下調べしていなかったが、光線状態的に基地の西側へ向かうことにした。

時間的にホントぎりぎりだったので、矢本駅からタクシーに乗り、運転手に「基地の西側のこのへんで…」と伝える。
すると、運転手さんは同じようなヲタクを何度も運んだようで「防潮堤のところですか?」と返してきた。
どうやら定番ポイントのようなので、そこへ行ってもらうと多数の人がカメラを持って待ち受けていた。

そして撮影してみると、確かに絶好のポイントで、機動飛行の旋回はこのあたりを中心に回るようだった。
翌日午後に観た航空祭会場のエプロンからだと逆にすごく遠くなって、撮影にも向かないし、迫力も段違い。
「あゝ、ここは岐阜基地航空祭の博物館前たんぼポイントと同じなんだな」と理解。

防潮堤を越える道の高さから撮影していると、PACAF F-16 の激低デモフライトはより近く感じる。
一度はあまりの低さにファインダーから目を外して唖然と見てしまうくらいだった。
耳をつんざく轟音とともに通過し、ハイレートクライムで上昇していく時に、はっ!?と我に返って撮った一枚がコレ。
ホント迫力満点だった。

(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-08-28 07:00 | 松島基地 | Comments(0)

e0401296_21434536.jpg
この春の航空祭は、ガンバ大阪のホームゲームと悉くかぶったため全休。
ここ数年行っていた千歳基地航空祭も SUPER GT へ行ったため、今回の松島基地航空祭が9か月ぶりの航空祭。
機動飛行撮影も9カ月近いブランクがあったところで、いきなり PACAF F-16 のデモフライト(前日予行)。

「リハビリがてらの一発目が PACAF のアクロなんて難易度高すぎぃ~」
キレッキレのフライトで有名な Primo 氏の、噂に違わぬ激低圧巻フライトを感動とともに堪能。
初めての松島基地航空祭遠征はスタートから大満足であった :D

(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III)


by dblh | 2019-08-27 07:00 | 松島基地 | Comments(0)