人気ブログランキング |

one day, one photo

photo of the airplanes, J League football players, motorsport's races and more

ブログトップ

失意の菜の花

e0401296_13253085.jpg

大阪でも桜が満開となってから所用で大阪にいなかったり、仕事が入っていて身動き取れず。
花散らしの雨が降るという予報の前日夕方に、ようやく撮りに行くことができた。

しかし、事前に空港周辺で目星をつけていた3か所を回るも、ロケハン時に考えたイメージの甘さで全滅。
「もう来年や、来年!」と不貞腐れて帰る途中に見かけた菜の花の花壇で一枚。

おまけに、うっかりこの記事の予約投稿日を1日間違えていて、せっかく頑張ってる?毎日更新が途切れそうだったわ…

(D500 + AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR)


by dblh | 2019-04-12 20:00 | その他 | Comments(0)

兵馬俑かよ!?

e0401296_20301628.jpg

神社というよりは忠臣蔵を題材にした別のなにか、みたく思えるほど俗っぽい赤穂大石神社。
参道には昔なかったはずの47士の石像が並んでいた。が、よく見ると、なんか変。
それもそのはず中国で造られた石像らしく、はっきり言って兵馬俑である。
コストダウンのためだろうが、これはない。

藩主・浅野家や家老・大石家を始めとする赤穂藩所縁の家や47士の墓がある花岳寺所蔵の義士木像の素晴らしさを見た後だと、ふざんなよ!と言いたいレベル。
思わず文句言いたいがための今日の投稿である :D

(E-M1 Mark II + M.ZUIKO 9-18mm F4.0-5.6)


by dblh | 2019-04-05 07:00 | その他 | Comments(0)

桜の下に眠る47士

e0401296_21561695.jpg
たまには連れ合いのご機嫌を取るため?に、残り2枚の青春18きっぷで赤穂へ。
学生時代に12月14日の赤穂浪士イベントを観にきて以来なので、ン十年ぶり。
当時は大してじっくり見ることもなく記憶にも残っていなかった花岳寺を1時間かけて拝観。
義士の遺したモノの中にはちょっと心打たれるモノもあって、来て良かったと思ったり。
(俗っぽさの極みでしかない赤穂大石神社の百倍は良いところである)

47士のお墓と、彼らを見守るように咲く満開の桜が印象的であった。

(E-M1 Mark II + M.ZUIKO 9-18mm F4.0-5.6)


by dblh | 2019-04-04 07:00 | その他 | Comments(0)

e0401296_19310885.jpg
1つ目の所用終わりが南森町、次の所用まで時間があったので、ふらっと大阪天満宮へ。
お詣りがてら桜でも、と思ったが、スマホでも撮れそうな写真しか撮れない毎度のワタシ。
おまけに 85mm 相当のレンズを使っていたけど、脳内イメージは 200~300mm で組み立ててしまっていて短く感じた。

なんてことをやっていたら、伊丹空港へオスプレイが緊急着陸したという情報が!
もう二度とないレア事態なのに、アポがあって行けない悔しさ……辛い午後であった(´Д`)

(E-M1 Mark II + LUMIX G 42.5mm/F1.7)


by dblh | 2019-04-02 07:00 | その他 | Comments(0)

風を待つ

e0401296_19273492.jpg
ジャンプ台の向こうにある吹き流しを見つめる、フリースタイルモトクロス・ライダー 鈴木耕太選手。
ジャンプ台から空を飛び、空中でアクションしたのち道路の向こう側へ着地する、FMX デモンストレーション。
風の強さ、方向によって微妙なアクセルワークが要求されるとのこと。
それだけに飛ぶ前には、慎重に慎重を重ねて、飛べる状況になる風を待つ。

(D500 + AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E FL ED VR)


by dblh | 2019-03-24 07:00 | その他 | Comments(0)

ヨタハチ

e0401296_09491815.jpg
全日本選手権といえば国内最高峰のカテゴリー、それゆえシビアなプロの争いが…とは少し違う全日本ラリー。
事前知識として判っていたものの、現地観戦してみると想像以上に「車好きの集まり」感が凄かった。
全日本ラリーもオープンクラスになると、好きな車を好きに走らせてる、見てもらいたい感が伝わってくる。
最後の方は、クラシックカーの参加もあって眼福であった。
ヨタハチが走ってきた時は、驚きと緊張で流し撮りを止めきれなかったのが痛恨事であった……

(D500 + AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR)


by dblh | 2019-03-21 07:00 | その他 | Comments(0)

e0401296_13205065.jpg
新城ラリーのメインイベントは全日本ラリー選手権だが、それ以外にも多くのイベントが行われていた。
WRC で活躍するトヨタ・ヤリス(ヴィッツ)のデモランに、ジムカーナ車両での同乗走行。
そしてレッドブルもステージを出していて、そこでは FMX のデモンストレーションが行われていた。
選手とハイタッチしながらの近さで見学していたが、途中から撮りたくなって何枚か撮影。
技を成功させるのも凄いが、失敗することもあるであろう練習はどうやってるのだろう?と思うばかりだった。

(D500 + AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR)


by dblh | 2019-03-20 07:00 | その他 | Comments(0)

1/8秒

e0401296_13205008.jpg
全日本ラリー・新城ステージの SS4 は、生け垣が邪魔になるけど緩いコーナーの正面に陣取って、お試し撮影。
だけど最上位カテゴリーを除くと進入速度は速くない、ってか、どんどん遅くなる(^_^;)

結果、速度感を出そうとすると 1/10秒以下になってくる。
だけど、ブラインドから飛び出してくる車は、どの車も走行ラインが全然違う!
にも関わらず、シャッターチャンスは全車1回きり、撮れるタイミングは一瞬、サーキットと違う難易度の高さを実感……

(D500 + AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR)


by dblh | 2019-03-19 07:00 | その他 | Comments(0)

新城ラリー2019

e0401296_21364718.jpg
前から観に行きたいと思っていた全日本ラリー選手権を、ようやく観に行くことができた。
SUPER GT 岡山テストと同日で迷ったし、滞在時間は短かったけど、来て良かった。
サーキットとは違う、穏やかで楽し気な空気感。
今回はロケハンがてら、お試しがてらだったけれど、また行ってみたいと思う。

(D500 + AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR)


by dblh | 2019-03-18 07:00 | その他 | Comments(0)

雨中の撮影

e0401296_17572724.jpg
マラソンの中継カメラは色々な形態があるけれど、臨機応変に移動できるバイクの後部シートいるカメラマンは多い。
身体はしっかりホールドされていると思うが、3時間もの長い間、この体制で撮影し続けるのは本当に大変だと思う。
ましてや雨の中ともなれば、ドライバーともども神経を使う作業だろう。
プロの仕事だ。

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


by dblh | 2019-03-16 07:00 | その他 | Comments(0)