人気ブログランキング |

one day, one photo

photo of the airplanes, J League football players, motorsport's races and more

ブログトップ

e0401296_21242342.jpg
札幌のDFから出されたスルーパスが長くなったところへ奪いに行く矢島慎也選手。
しかし、すぐに相手選手も追いついてくる。
ボールにアプローチする前に、一瞬だけ振り返り、相手選手の位置を確認する、その表情を捉えた。

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


# by dblh | 2019-10-16 07:00 | パナソニックスタジアム吹田 | Comments(0)

夕刻のお務め

e0401296_21100713.jpg
金閣寺(鹿苑寺)、竜安寺とくれば、最後は当然、仁和寺。
さすがに歩き疲れて少し休憩しながら、御殿の中や五重塔、金堂など広い境内をひと通り見てまわる。
そろそろ帰ろうかと思っていたら、お坊さんたちが列を作って移動してきた。
あちこちの建物の前でお経をあげては移動し、また別のところでお経をあげ…を繰り返していた。
修行僧さんたちの日々のお務めなのだろう。

閉門時間が近づき、観光客もまばら、すっかり静かになった境内に響く読経の声。
最後に良いものを聞かせてもらった気分だった。

(E-M1 Mark II + M.ZUIKO 25mm F1.8)


# by dblh | 2019-10-15 07:00 | その他 | Comments(0)

日本で一番有名な石庭

e0401296_20492917.jpg
15個の石がどこから見ても14個しか見えないように配置されたという竜安寺の石庭。
東洋の教えでは完全数である15の石を配しつつも、不完全な14個しか見えないことで、自己の足りないものを見つめるという禅の教えに基いたと言われる石庭。
そんな哲学的ないわれもあって、石庭としては日本で最も有名だろう竜安寺だが、隣り(徒歩20分)の金閣寺と比べると観光客は一桁少なく、多少は落ち着いていられる。

ちなみに、庭の縁側というか、みんな座る廊下から見ると、どこから見ても1つ足りないけど、部屋の中から見て数えると15個の石が全部見えるのも有名な話。
ま、興が覚めるので、そんなことはしないけど。

(E-M1 Mark II + M.ZUIKO 9-18mm F4.0-5.6)


# by dblh | 2019-10-14 07:00 | その他 | Comments(0)

金ピカな人気者

e0401296_23141321.jpg
いつもは海外へ旅行に行く友人が京都へ来ると言うので、京都観光案内。
リクエストを聞くと「金閣寺」というので、20年ぶりくらいにやってきた金閣寺。
相変わらず人は多かったが、観光シーズンからは少し外れた平日なので、まだマシ。
とはいえ、人混みが苦手な私も友人もウンザリ気味なくらいには人は多かった。

「前回観光案内した時から20年ぶりくらい」と言うと、友人が「雪の金閣寺とか撮りに来ないんですか?」と聞く。
うん、来ない。
一瞬行こうかと思うことはあるけれど、ぶっちゃけ、さほど撮りたいわけでもない、見てみたい気はするけれど。
そういうのを撮るのはインスタでいいね!を貰うのに頑張る人たちに任せればいいかな、と本気で思っている。

(E-M1 Mark II + M.ZUIKO 25mm F1.8)


# by dblh | 2019-10-13 07:00 | その他 | Comments(0)

トラウマを超えて

e0401296_22330012.jpg
e0401296_22330014.jpg
e0401296_22330121.jpg
e0401296_22330164.jpg
e0401296_22331013.jpg
押される展開の中、カウンターから相手のハンドを誘って得たPK、ボックス内に立ったのは宇佐美だった。
その昔 ACL で二度 PK を外して敗退の原因となってから、PK は蹴らなくなった宇佐美。
本人が言ったように、トラウマになっていたはずなのに、それを克服するためにキーパーと向かい合った。
自分の心を落ち着かせ、相手を見据えて、うつむき加減に心と狙いを定めて、最後に視線だけが少し上がった。
その瞬間、彼はトラウマを乗り越えていった。

(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)


# by dblh | 2019-10-12 07:00 | パナソニックスタジアム吹田 | Comments(0)